nanogram*

お三味線お稽古日記
by nano_nanoa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

下浚い

下浚い(リハーサル)は先生のご自宅で行われました。

毛氈をひいてお稽古です。もちろんお唄も抜き差しも本番どおりです。

まず撥を選んでね。といわれ5本ほどのなかから。。。
どういう基準で選べばいいのかわかりません(汗)
とりあえず持ちやすいもので。
三味線も紅木の棹(多分)+猫皮です。
ちなみに普段のお稽古用は花梨の棹+犬皮
全然音が違うのにびっくりです。材質が違うので当たり前とはいえ
手の感触とか撥が当たる弾力も全然違います。

お囃子の先生にお伺いしたところ楽器にもそれぞれその楽器の持つ力があって
その人の技量がその楽器の何パーセントの力を引き出せるかってことなんですよ。と。
なるほど。納得。
まだまだ力を引き出すどころか助けられてます。

そして下浚い。
実はリハーサルってすごく苦手。過去の経験(ピアノ)から言っていつも
ボロボロです。
案の定、途中でわけがわからなくなってしまいました。
とまりはしなかったのでそれだけはよかった(←いいのか)

さぁ本番はどうなる。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-02-23 17:05 | 三味線