nanogram*

お三味線お稽古日記
by nano_nanoa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

連獅子 お稽古2回目

是ぞ文殊の在します(合)其の名も高き清涼山

口三味線だとチンとかトンとかとりあえずどの糸かはわかりますが勘所までは
わかりません。
(もちろん稽古中には教えていただいてますが覚えてません・・・)
この曲は意外な動き(三の糸の少し下がった二の糸とか)をするので
とっても苦労しています。
先生が弾かれている時はそれがまた優雅な感じがするのですが、私のは
ただ勘所を探っているみたい・・・・

ところで話は違いますが
唄を習ってみたいという話を先生にしてみました。
漠然と習ったほうがいいよと言われるだろうと
思っていましたが。。。
「唄うたいに習うと唄うたいの唄になるからね。」と。

せっかく唄をうたいながら弾く(でたらめな唄でも)のになれてきたのに
唄を習ってしまうと唄に気をとられて長唄が楽しめなくなると言うことみたいです。。。
なんとなく唄を習えば三味線がうまくなるんじゃないかという邪な考えを見透かされた感じです。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-09-29 23:42 | 三味線