nanogram*

お三味線お稽古日記
by nano_nanoa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

供奴 お稽古12回目

貼った肩癖ちりちり身柱
亥の眼炙がくっきりと ねぢ切りからげた
千鳥足手ツ首掌しっかと握った
コリャコリャコリャコリャ
成駒やつとこよんやさ


ざらっとすすみました。
この曲はというか演目は芝翫奴とも言って、
4代目歌右衛門の当たり役だったそうです。
だから「成駒やつとこよんやさ」なのですね。
ちょっと前の「浪花師匠の・・・」っていうのも三代目歌右衛門が上方から来た人
だからだそうです。

弁天小僧の「祖父さんの名さえ由縁の」と同じですね!
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-31 22:35 | 三味線

供奴 お稽古11回目

見染め見染めて 目が覚めた
醒めた夕べの拳酒に ついついつい
さされた杯は りうちえいぱまでんす
くわいと云うて払った


本調子です。
ついつい二の糸の手が二上がりの手に(笑)
もちろん二上がりのときは本調子の手になります。
いつも間違うってことですね。
口三味線ではチン、ツン、ヅンしかないわけだから
いわゆる何番っていう勘所の感覚はありません。
だから同じ音っていわれてもわからないと思います。
どこそこの歌詞と同じフレーズっていわれたらわかるかも(笑)

この後また二上がり。ひやひやです。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-28 22:17 | 三味線

青砥稿花紅彩画


見てきました!

いままでの謎がすっきり。(←というか何度もみてるんだから
勉強しなさいよという感じですが)

一番のすっきり!は赤星十三郎。
今までいつも
なんで主のために盗賊になるんだ~?
と思っていました。

豪華な配役でやっぱり團菊際ですね~。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-21 23:47 | 歌舞伎

供奴 お稽古10回目

合方

ハジキかスクイ。。。
お稽古中はわかっているつもりなんだけど
帰ってみたら???
まるで数学の授業のようです。

供奴は今までに比べて早く進んでるのですが
その分唄があやふやかも・・・
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-21 23:41 | 三味線

洗えない半襟?!

b0039137_1224629.jpg


不器用なくせにやりたがりです。
バックのビーズ刺繍をやってます(キットで)
でもこれって半襟にいいんじゃない?
洗えないけどね。
あまったビーズで作ってみようかな~
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-19 01:16 | 着物

供奴 お稽古9回目

アアままよ浮名がどうなろと
人の噂も七十五日 てんとたまらぬ
小褄とりやった其の姿)


アアままよ仇名がどうなろと
人の噂も七十五日 てんとたまらぬ
露のけはひの初櫻)


初めて今日の構えはいいよというお言葉。
わーい!

まさに豚もおだてりゃ木に登る。
ほめられたら(←ほめられてないけど)がぜんやる気です(笑)


お稽古場で会ったお稽古仲間に
「誰かわかんなかった」といわれました。
「あ~めがねだから?(ただいま目を患ってめがねっ子)」
「ううん。洋服姿ひさしぶりだから」
なんとも嬉しい一言。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-10 00:34 | 三味線

供奴 お稽古8回目

おはもじながら去る方へ ほの字とれの字の
謎懸けて 解かせたさの三重の帯
解けて寝た夜はゆるさんせ


おはもじながら去る方へ はの字となの字の
謎懸けて 解かせたさの八重一重
解けて嬉しきしたぶしに


本当は上の歌詞がもともとだそうですが下の歌詞でお稽古しています。
公序良俗に反するもの?は意訳しているそうですが(笑)
あんまり変わらないような気もします。

このところといっても普通のお稽古にしてみればすごくゆっくりにしか進んでいないのですが、
(何しろ3ヶ月でやっと半分だし)
いつもならあんまり弾けてなかったらちょっとしか進まないのに
すごく進むのが早いです。
その場ではいいのですが家に帰ってからが大変~

あぁなんてレベルの低い話。それ以前にお稽古していかなければ。。。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-05 00:31 | 三味線

供奴 お稽古7回目 「あ」はあと

小気味よいよい六法振が
浪花師匠の其の風俗に 似たか
似たぞ 似ましたり さてさてな
寛濶華麗な出立ち


今日のお稽古、稽古中にはあんまり意識していなかったのですが
帰って録音を聞くと唄の注意をいっぱいされてます。
「そこ、「が」はうしろ。」
「「あ」はあと。」


どうも唄のほうが半拍あとになるところがうまくできない。みたいです。
(というかそんなこと意識してなかった←ダメダメ)

そして最後には
「なんか手に集中しすぎてない?」

単に練習不足でいっぱいいっぱいなだけですけど。。。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-05-02 00:04 | 三味線