nanogram*

お三味線お稽古日記
by nano_nanoa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

連獅子 お稽古5日目

かかる険阻の山頭よ
り 剛臆ためす親獅子の 恵みも深き谷間へ 蹴落す子獅子は


子獅子が谷へ落ちました。
The 大薩摩ですね~
この曲は。
[PR]
by nano_nanoa | 2008-10-19 00:08 | 三味線

連獅子 お稽古4回目

(合)流れに響く松の風 見渡す橋
は夕陽の 雨後に映ずる虹に似て 虚空を渡るが如くなり


大薩摩の間合いについて、
唄を聴くところ、三味線がリードするところを
理解していれば自然と間が取れるはずだよ。と。

そうなんですけど。。。それが難しいんです(笑)
[PR]
by nano_nanoa | 2008-10-11 00:44 | 三味線

かわいい帯

大阪の船場に行ってきました。
そこでうっかり衝動買いの帯。
普段あんまり遊びのはいった着物や帯を買うことがないのですが
あまりのカワイさについ。

b0039137_0431226.jpg

[PR]
by nano_nanoa | 2008-10-10 00:40 | 着物

よい着物

実家に帰ったついでに叔母にも会いに行きました。
また新しい着物をいただきました!

これは古着だそうです。
でも一度も袖を通していないものらしくほぼ新品。
ですが、裏だけ返して付け直してもらいました。
「縫っていて気持ちよくなるくらいすごくよいもの。」
だそうです。
実家のあたりは昔は名古屋ほどではないにしろお嫁入り
にお金をかける風習で、
とくに数十年前まではお嫁入り道具の着物にも京都の西陣で
わざわざ作るっていうのが多かったそうです。
でも実際袖を通さずたんすの肥やしも多いみたいで・・・
もったいないことです。(笑)
まわりまわって私のところにやってきました。いっぱい着るからね!
b0039137_0283267.jpg

[PR]
by nano_nanoa | 2008-10-09 00:23 | 着物

芸術祭10月大歌舞伎 昼の部

見ごたえのある舞台でした。
今月は夜の部も楽日にいけることになって楽しみです。

1階中央の2列目という席だったため
普通ならわからないアクシデントを発見しちゃったり。
母はとっても喜んでました。
長唄もばっちり見れてよかったです。

ただ・・・
玉様のおはまはやっぱり・・・
どうしても
最初に見た鷺娘や道成寺の印象が強すぎるみたいです。

結局、朝のすごい雨とそのあとの予定を考え着物は泣く泣く
断念しました。

演目
[PR]
by nano_nanoa | 2008-10-06 00:14 | 歌舞伎

連獅子 お稽古3回目

峰を仰げば千丈の 漲る瀧は(合)雲より落ち 谷を望めば(合)千尋の底

まったく練習不足で先生も呆れ顔です・・・・
[PR]
by nano_nanoa | 2008-10-04 00:04 | 三味線